NEWS
Sekido information

2017.03.03 アップデート

Mavic Pro、Inspire2 ファームウェア更新のお知らせ

各種マニュアルおよびソフトウェア・ファームウェア・アプリが更新された商品がございます。
該当する商品をお持ちのユーザー様は内容をご確認ください。


 

【Mavic Pro】

 

◆ Mavic Pro v01.03.0500

 

[更新内容]
・No-Fly Zone(フライングエリアの制限)の更新
・ジンバルキャリブレーションの最適化

 

 

【Inspire2】

◆  Inspire2  Aircraft  V01.0.0240
◆  Inspire2  Remote Controller  V01.0.0110

 

[更新内容]
・撮影時、前、後方のアームLEDの自動ON/OFF機能の追加
・カメラの上下(チルト)角度を-125°~+40°まで動作角度の拡張しました
・タップフライ中に送信機からカメラのジンバル向きの変更可能になりました
・タップフライ中にクイックスピンが可能iなりました
・アップデート中のビープ音を消音可能iなりました
・D-Logで動画撮影時ISO値が500に固定されるようになりました
・緊急時の制動、クイックスピン、自動着陸機能利用時の振動アラート機能が追加
・トライポッドモード中のクイックスピンの反応速度が変更可能になりました
・タップフライ、アクティブトラック時にコースロック機能が利用可能になりました
・一時停止ボタンを3秒長押しする事で、利用中の機能を終了させる事が可能になりました
・Aモードでもスポットライトモードが利用可能になりました
・動画サイズ、カラーセッティングがアプリに記憶されるようになりました
・Apple Pro Res設定での暗い部分の品質が向上しました
・ジンバルの自己診断機能の最適化
・ジンバルキャリブレーションの強化とキャリブレーション精度を向上させました
・ジンバルチルトモーターの初期化が失敗する症状の改善
・水面や水平な地面の検出精度を向上させました
・緊急時の飛行停止機能が無効の設定が基本となりました、同機能をONにする場合にはアプリから設定を行ってください
・重度のバッテリーアラームの基本設定が7%に変更になりました
・バッテリー1つの状態では離陸出来ないようになりました
・バッテリーが正常に差し込まれていない状態での離陸出来ないようになりました
・空港近くにおける飛行距離の調整が行われました
・Focusハンドホイールのファームウェアアップデートに対応しました
・リターントゥホームの正確性が向上しました

※現在確認中の設定が多数あります。随時追加予定です。

 


 

※各マニュアルならびにソフトウェア・ファームウェアは予告なく変更、削除される場合がございます。予めご了承ください。
※MavicProの利用及びファームウェアのアップデートはDJIGO4アプリをご利用ください。

 


NEWS一覧へ戻る