Q&A / 技術的なご質問

2015.10.02

リポバッテリーのセルバランスとは?

リポバッテリーはセルと呼ばれるものが組み合わさっています。
1セルあたり、電圧は3.7V(最大4.2V)で、3セルなら 3.7V*3=11.1V がバッテリー全体の電圧となっています。

 

この各セルの電圧が大きくずれてしまうと、安定した電力供給ができません。
リポバッテリーを安全に使用するには、セルバランスに異常が無いかの確認を行う事はとても大切な事となります。

 

 

リポバッテリーを充電する際にバランス充電というものがあります。
これは、セル電圧のずれを無くしながら充電を行うものです。

 

PhantomシリーズやInspire1などのインテリジェントバッテリーには、自動的にバランス充電を行う機能などがついているので、コンセントにつなぐだけで簡単に充電を行うことが出来ます。

 

セルバランスの状態の確認は、DJI製品はアシスタントソフトやDJI GOアプリ上で行うことができます。 
一般的なリポバッテリーはバランスコネクターへチェッカーを取り付け、確認します。

BTSB

BTSB2

BTSB3

 

参考値とはりますが、最大値と最小値が 30mV 以上離れている場合、バッテリーの異常の恐れがあります。
(フライトなどで使用した直後はバランスがずれていることもあります。)

 

上記のような症状がある際には、バッテリーのセルに異常がある恐れがあります。ご注意ください。
・フル充電だったはずなのに、すぐに定電圧警告が出てしまう
・やけに充電時間が短い

 

 

 

※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る