Q&A / 技術的なご質問

2015.10.01

Phantom2 vision+ RCキャリブレーションの方法

Phantom2 vision+ のRCキャリブレーション実施の一連の流れについてです。

・モーターが始動しない
・常にスティックが入った状態となる(常に機体が一定方向に動く)
・ジンバルダイアルが反応しない
といった際にRCキャリブレーションをお試しください。

 

 

Phantom2 (vision+) の新型送信機をお使いの方は
ジンバルダイアルも動かす必要があるので忘れないようにしてください。
失敗した場合は、手順をはじめからやり直してください。

 

動画ではPhantom2シリーズを例に使用していますが、
他の機体に関しても基本的にはやり方は同じです。

 

①.まず送信機のスティックキャリブレーションを行う
②.その後、機体のメインコントローラーのキャリブレーションを行う

 

操作する側の限界値を定めたうえで、それに対応するようにメインコントローラーを調整するイメージです。

 

 


※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る