Q&A / 技術的なご質問

2015.10.30

インテリジェントフライトモード(IFM)、インテリジェントオリエンテーションコントロール(IOC)とはどのような機能ですか?

【インテリジェントフライトモード・IFMとは?】

Phantom3シリーズやInspire1シリーズへ搭載されている、

通常のスティック操作では難しいフライトを、機体側がサポートする機能となります。

 

コースロック(Course Lock :CL)
機体の向きにかかわらず、ロックした方向を基準とした機体操作が可能となります。
GOアプリ上で、現在の機体の向きとロックしている方向の確認が出来ます。

 

ホームロック(Home Lock : HL)
ホームポイントを基準とした操作となります。
とにかく後進(モード1のときの左スティック手前)を行うことで、
機体はどの向きを向いていようと、ホームポイントへ向かって戻ってきます。

 

・ポイントオブインタレスト(Point of Interest : POI)
中心を常に向きながら周囲を旋回します。
灯台や看板などを中心に捕らえたまま、周囲をぐるぐる回ることができます。

 

・フォローミー(Follow Me)
モバイル端末のGPSを元に、機体が自動的に追尾を行います。
自身のスポーツする姿や、乗り物を追いかけたりなど、応用範囲は広そうです。
※15年10月現在、Phantom3シリーズのみ対応しています。

 

・ウェイポイント(Way Point)

飛行経路を記録し、自動航行を行います。
一度設定した航路を再度使用することも可能なので、
定点観測や調査などで活用することができます。
 
 
 
【インテリジェントオリエンテーションコントロール・IOCとは?】
A2やNaza-M V2 に搭載されている、機体の回転を制御してサポートする機能です。
基本的な各機能についてはIFMと同様ですが、製品によって対応している機能が異なります。
また、各機能の解説はIFMを前提とした解説となるため、IOCで使用する際は一部異なることがあります。
○A2
コースロック、ホームロック、POI
○Naza-M V2
コースロック、ホームロック
※IFM及びIOCはご自身の判断と責任において使用するものとなり、使用することにより生じた如何なる問題もDJIおよび弊社では責任を負いかねます。
※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。

 


Q&A 一覧へ戻る