Q&A / 技術的なご質問

2016.03.01

冬季に「バッテリー温度エラー」「現在のバッテリー温度では飛行不可能です」とエラーが出るのですが

バッテリーの温度が低い場合は電圧が低下しやすいので、 安全のためバッテリー温度による動作制限がかかります。   具体的には、バッテリー温度が15度以下ではモーターが始動しないようになっています。 (温度はDJI GOアプリのバッテリーステータス画面から確認することが出来ます。)     寒冷地で飛ばす場合は下記のようにメーカーは推奨しています。 「推奨状況(バッテリー):温度20°、満充電」     Insipre1シリーズでは専用のバッテリーヒーターが用意されていますので、併せてご利用ください。 (→http://www.sekido-rc.com/?pid=88911282) Phantom3シリーズには専用のヒーターは無いので、使用する直前まで懐で温めるなど、 バッテリー温度に気をつけて運用ください。       ※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。 ※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。 ※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。 ※記載事項は予告なく変更となる場合があります。

Q&A 一覧へ戻る