Q&A / 技術的なご質問

2016.05.31

Phantom4 専用送信機は従来の送信機と何が違いますか?

●利用できるモードが変更となり、3点スイッチの切り替えがP,S,Aモードの3種類となりました。

 

【P(ポジショニング)モード】
標準モードで、通常フライトモードおよびインテリジェントフライトモード、ActiveTrack(アクティブトラック)モード、TapFly(タップフライ)モードにアクセスできます。

 

 

【S(スポーツ)モード】

GPSなどの人工衛星とビジョンポジショニングを併用しながら、機体の最大飛行速度のロックを解除します。
最高時速が72km(44マイル)までとなり、機敏に操作できます。

 

 

【A(姿勢)モード】
GPSなどの人工衛星とビジョンポジショニングを使用しないモードとなります。
より滑らかで自然に飛行することができますが、風や慣性で機体が流されるため、操縦には細心の注意が必要となります。

 

 

●送信機の右上の「再生」ボタンを「一時停止(Pause)」ボタンに変更されました。

インテリジェントフライトモード、ActiveTrack(アクティブトラック)モードまたはTapFly(タップフライ)モードなどの自動航行中に、動作を停止させることが出来ます。

 

 

 

 


※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る