Q&A / 技術的なご質問

2016.08.22

DJI FOCUS  A,B,C,Dボタンの使い道は?

【フォーカスの設定】 Focus Wheelを回転させ、任意のフォーカスポイントにします。     【フォーカスポイントの設定】 A,B,C,Dいずれかのボタンを長押しすることで、そのボタンに現在のフォーカスポイントを記録させます。 記録があるボタンはディスプレー上に表示されます。再度長押しすると、記憶したポイントを削除します。

 

【フォーカスポイントの変更】 フォーカスポイントを記録しているボタンを押すことで、レンズを素早くそのフォーカスポイントへ設定します。(クイックフォーカス) このとき、ディスプレー上のボタン表示がアクティブになり、その他のボタン表示が点滅します。 クイックフォーカス後、Focus Wheelでピントの微調整を行うことが出来ます。アクティブになっているボタンを再度押すとクイックフォーカスを終了します。 Focus Wheelやモーターユニットには機械的な回転限界があります。うまく動作しない場合は限界値になっていないか確認してください。

 

【Zenmuse X5で使用するとき(Inspire1 PRO, OSMO PRO)】 設定することで、DJI FOCUS を使用して絞りの調整が可能となります。 メニュー内の Zenmuse X5 > Aperture をオンにしておきます。 Dボタンを押すと絞りの調整モードになるので、Focus Wheelで絞りを設定します。 再度Dボタンを押すと、フォーカスを合わせる通常のモードとなります。

 

 

 

 

※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。 ※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。 ※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。 ※記載事項は予告なく変更となる場合があります。

Q&A 一覧へ戻る