Q&A / 技術的なご質問

2016.11.02

Mavic IMUキャリブレーション方法

IMUとは、機体の姿勢制御を行うためのセンサーの総称となります。

・機体が安定しない
・IMUエラー、の表示がでる
・コンパスがずれている
・ジンバルが傾く
といった際にIMUキャリブレーション(校正)をお試し下さい。

 

 

 

 

【手順】

1.機体を水平な地面や机の上に置きます

2.パイロットアプリから、左上のMODE(ドローンのアイコン)をタップし、MCパラメーター設定へ入ります。 mimu01

 

3.詳細設定内のセンサーをタップ

mimu02 mimu03

 

4.現在のセンサーの計測値が確認できます。その下の「IMUをキャリブレートしてください」をタップします。 mimu04

 

5.Mavic独自のIMUキャリブレーション画面になります。

Start Calibrationを押してキャリブレーションを開始します。

画面に表示される置きかたに合わせて、Mavicの向きを変えてください。 mimu06

 

6.この表示になれば終了です。Back to Camera を押してカメラビューに戻ります。 mimu05

 

 

 

 

 

※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る