Q&A / 技術的なご質問

2018.03.21

Tello ビジョンポジショニングステムの注意点

Telloでは機体底面部に「ビジョンポジショニングシステム」という、下方センサーが採用されています。

この機能を利用する事でTelloは屋内・屋外において非常に安定したフライトを撮影を実現しています。


ただし、本機能は地面・床面の状態によりパフォーマンスが低下、もしくは機能がオフとなるので十分に注意してください。

パフォーマンス低下後はその場で安定したホバリングが失われ、操縦に慣れていないと衝突・墜落に繋がるので、

下記の内容を確認の上、安定した安全フライトを行ってください。



ビジョンポジショニングシステム仕様

・機能限界高度は30cm10m

・推奨高度は30cm6m

・速度約4km以下の速度でのフライト



影響がある地面・床面

・モノクロ(黒単色、白単色、赤単色、緑単色)の地面

・高反射表面

・水面または透明な地表面

・表面が動くものや物体上空

・明るさが頻繁・急激に変わる場所

10ルクス未満、100,000ルクス以上の地面

・はっきりした模様や構造の無い地表面上

・タイルなどパターンや構造が繰り返されている地面

・木の枝葉上空

 

 

※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る