Q&A / 技術的なご質問

2018.06.24

Mavic Air 高精度離陸モードについて(自動離陸時6m程度機体が上昇してしまう場合)

Mavic Airでは自動離陸機能の利用時「GPS」が十分なエリアでは
「高精度離陸モード」の選択が可能です。

高精度離陸モードでは自動で6mまで上昇し周辺地形を記録し、ゴーホーム機能(自動帰還)時に
通常よりさらに精密な着陸位置の補正を行う事が可能になります。

ただし、上記の通り通常1.2mまでの上昇高度が6mまで上昇をするため、
挙動が変わる点について理解をした上で本機能をご活用ください。

写真左が通常の自動離陸モード、右が高精度離陸モードの画面表示です。
離陸地点の正確な記録の左側□のチェックボックスをタップする事で高精度離陸モードに切り替わります。

 

※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る