Q&A / 技術的なご質問

2015.07.06

スペック表に記載のある、航行可能限界高度とは?

写真1

機体内部のセンサーやバッテリーが耐えることのできる最大の高度です。

たとえばINSPIRE 1 の航行可能限界高度は海抜4500mとなっています。

この高度を超えるとカタログスペックを発揮することが出来ないため、使用されないことを推奨いたします。

 

  ※上記画像の赤いラインです。

 

 

また、航行可能なエリアとしましては、航行可能限界高度に加えて

航空法などの法令や規制で定められている最高高度圏内、飛行制限・禁止区域外となります。

 

※制限高度や制限区域などは国や地域により異なります。

※フライトさせる場所の法令や規則に沿ってご使用ください。

※株式会社セキドでは、日本国内での飛行は「対地高度150m以下の目視の範囲内」を推奨させていただいています。上の画像の黄色の範囲内です。

 

 


※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る