Q&A / 技術的なご質問

2015.09.02

Inspire1 バッテリーのファームウェア更新

Inspire1のバッテリーには基盤が搭載され、残量表示やバランス充電などを独自に行う事が出来ます。

それ故バッテリーにもファームウェアがあり、機体のファームウェアアップデート時に、バッテリーも自動で更新されています。

 

機体の更新時に装着していなかったバッテリーや、追加で購入したバッテリーに関しては、

ファームウェアがずれてしまうことになります。

 

機体や送信機のファームは最新だけど、バッテリーのみファームが古い場合、起動すると次の動画のようになります。

 


バッテリーのLEDが特殊な点滅をして、ジンバルから機体アップデートの時と同じ音がします。

この間、バッテリーのファームウェアアップデートが実行されています。

機体の時と同じく完了したら音が変わるので、再起動すれば終了です。

 

いざ予備バッテリーを使おうとした際にファームアップが始まってしまうと困るので、

機体アップデートを行った際には、お手持ちの全てのバッテリーを機体に装着して電源を入れてみるのをお勧めします。

 

このような事があるので、説明書にも記載がありますが

SDカードには常に使用しているファームウェアを残しておくようにしてください。

(機体とバッテリーのファームウェアがずれている場合、使用できない事があります)

 

 


※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る