Q&A / 技術的なご質問

2015.10.30

インテリジェントフライトモード(IFM) どのように使用しますか?

機体のファームウェアが下記以上である必要があります。

 

→ DJI GOアプリ 機体などのファームウェアのバージョン確認方法は?

 

Phantom3 Pro/Adv [機体:v1.4.0010、送信機:v1.3.20]
Phantom3 Std   [機体、送信機両方:v1.1.30]
Inspire1 [機体:v1.4.0.10、送信機:v1.3.0.00]

 

 

ファームウェアが確認できたら、IFMへの切り替えを行う飛行モードスイッチを有効にします。
飛行モードスイッチは、送信機の左肩にあるスイッチです。
(Phantom3 Standardは送信機右上のスイッチとなります)

IFM01_FMS

 

メニューから、一番上のドローンマーク → アドバンス設定 → 飛行モードスイッチ
ここを有効にします。

IFM01_GOswitch

 

初期状態では誤動作の防止のため、スイッチは無効となっています。

※飛行モードスイッチを有効にした場合、毎回フライト前にスイッチがPモードになっていることを確認してください。
AモードではGPSを使用しないモードとなり、機体が風に流されてしまいます。 

 

準備は以上です。IFMの機能については各紹介ページをご確認ください。

コースロック

ホームロック

→ポイントオブインタレスト(準備中)

→ フォローミー(準備中)

→ ウェイポイント(準備中)

 

 

 

 


※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。


Q&A 一覧へ戻る