NEWS
Sekido information

2020.01.10 新商品

海外サイトで2,700万円の支援調達!カメラやドローンなどのガジェットをやさしく保護するマルチアクセスバックパックの販売プロジェクトを開始


株式会社セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は、2020年1月10日(金)よりクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて、カメラやドローンなどのガジェット、撮影機材を大切に持ち運べるマルチアクセスバックパック「PGYTECH OneMo BackPack(ピージーワイテック ワンモー バックパック)」の販売プロジェクトを開始いたします。

2020年2月25日(火)の販売プロジェクト終了までは、CAMPFIREプロジェクトページのみでの販売となります。

DJI製ドローンやカメラ関連機器のアクセサリーパーツメーカーで、世界中のユーザーに愛用される PGYTECH社が開発・製造した初めての大型カメラバッグです。
あらゆる場所や環境で撮影を楽しむユーザーに向けて、開発チームが最大限の機能性を盛り込んだPGYTECH製品の集大成と言える撮影機器用バックパックが完成しました。

 

 

自在にカスタマイズできる仕切り板を使って、機材に最適な荷室を作る事が可能で、撮影時に必要な周辺機器も取り出しやすいマルチアクセス仕様です。25Lから35Lに容量の調整が可能で、2日程度の撮影旅行や3日程度の旅行にも対応できるよう、衣類などの収納スペースも用意されています。
耐久性・撥水性・クッション性に優れた素材を使用し、悪天候に対応したレインカバーも付属します。

 


PGYTECH OneMo  BackPackは、すでに海外のクラウドファンディングサイトにて248,296ドル(日本円:約 2,700万円)、1,605名の支援を達成した、大人気の撮影機器用バックパックです。

 


◆「PGYTECH OneMo BackPack」の詳細・予約は販売プロジェクトページをご覧ください。
 https://camp-fire.jp/projects/view/221079
 

「PGYTECH OneMo BackPack」詳細
 ■機能説明

● ビルトインポーチ

バックパックに内蔵可能なスリングバッグ(取り外し可能なストラップ付属)を採用。
機材を入れてバックパックに収納して、移動先ではスリングバッグだけで身軽なお出かけ用としても活用できます。単体で使用する際は、容量を拡張して機材を追加することも可能です。

 



● クイックオープンポケット
OneMo Backpackは、撮影に必要なモノを必要な時に素早く取り出せる収納を各所に配置しました。

 

 


● バッテリーポケット
カメラや小型ドローン用バッテリーの専用収納ポケットを採用。バッテリー使用状況が確認できるスイッチ付きで、使いやすさもしっかり考慮されています。

 


● 一眼レフカメラ対応ジンバルスタビライザー「DJI Ronin-S / SC」に対応
Ronin-SC や Osmo Mobile 3 など、45cm以下のスタビライザーを収納可能です。
※Ronin-S は分解する事で収納可能

 


● 多彩な持ち運び方に対応



● 通気性能
登山やハイキングなどでは、汗や熱が背面部分に溜まり不快なことがあります。OneMo BackPack は効率良く換気できるエアトンネルと、柔らかなスポンジ素材・メッシュ構造・幅広のショルダーストラップを採用して、快適な背負心地を保ちます。



● 圧倒的な収納性能と容量拡張機能

4種類の容量拡張機能により、メインバッグ容量を 25L → 35L まで拡張可能です。
・前面拡張収納 5L
・スリングバッグ上部の容量拡張機能 3L
・ビルトインポーチを取り出すとバックパック容量が 25L → 35L に増加
・外付けストラップを活用して、テント・ブランケット・ドローンなどの大きな荷物も積載可能


● カスタマイズ可能な収納室
OneMo BackPackは、バッグを無限にカスタマイズ可能な仕切り板を採用。
あらゆるニーズに合わせた収納が可能で、折り畳み式の仕切り板は使わない時もコンパクトに持ち運びできます。

・仕切り例

 

 

・全てのスタイルに完璧なデザイン
撮影、旅行、ビジネスなど、必要に応じて収納室が調整でき、無駄の無いパッキングが可能です。
背面のストラップを使って、キャリーケースとの組み合わせにも対応します。



● クイックアクセス
背面がフルオープン。ポケット全てに簡単にアクセスできます。

 


・サイドポケット
ジッパー付きのサイドポケットはスキミングや誤作動からカード型電子マネーを守る「RFIDプロテクト」対応で、カードやパスポートなどの貴重品収納におすすめ。他にはモバイルバッテリーなど電子機器を取り出し易いクイックアクセスサイドポケットや三脚も収納できる大型ポケット&ストラップタイプまで完備しています。


・ショルダーストラップ
ワイドなショルダーストラップには収納スペースも設置。
片側には小さな収納ポケットを配置し、Osmo Pocketなど小型のカメラやバッテリー、メモリーカードなどを収納可能です。反対側にはバンド式収納を採用しレンズカバーを取付可能です。

 

 

● その他の特徴
・撥水加工

OneMo BackPack は全天候型デザイン。
撥水加工の素材を採用して、濡れにくい構造になっています。また、雨天時用のレインカバーもセットされバッグに収納されています。

 

 


・耐摩耗設計

OneMo BackPack のポリエステル繊維は汚れや傷に強く、伸ばしたり引っ張ったり、衝撃にも強い素材を採用しています。

 

・盗難防止機構
ジッパーはロック可能で貫通や断裂に強く設計されており、パスポートや財布など貴重品を安心して収納できます。

 


・疲労を軽減する重量分散機能
OneMo Backpack は重くなりがちな撮影機材の持ち運びを想定し、ショルダースタビライザーによるバッグ位置の固定と、チェストストラップ、ウェストストラップでの重量分散により、偏った重量バランスにならないよう調節が可能です。



● カラーバリエーション
・トワイライトブラック(ブラック)
・オリーブカモフラージュ(迷彩)



● セット内容
・OneMo BackPack(25L)

本体、防水カバー、ウェストストラップ(2本)、バインドストラップ(2本)、仕切り板A(2枚)、
仕切り板B(2枚)、仕切り板C、仕切り板D、仕切り板E(2枚)、小型収納バッグ

・ビルトインポーチ
本体、ショルダーストラップ、仕切り板E、仕切り板F


● スペック
「OneMo BackPack(25L)」

外寸:高さ 480 × 横 320 × マチ 230 mm
内寸:高さ 470 × 横 300 × マチ 170 mm
重量:2.1kg
素材:表地 ポリエステル 85% / ポリウレタン 15%・裏地 ポリエステル 100%

「OneMo ビルトインポーチ」
外寸:高さ 180 × 横 270 × マチ 120 mm
内寸:高さ 150 × 横 260 × マチ 115 mm
重量:0.4kg
素材:表地 ポリエステル 85% / ポリウレタン 15%・裏地 ポリエステル 100%

※注意事項:
1. 長時間濡れたままにすると変形しますので乾燥した状態で保管ください。
2. 重量をかけすぎないでください。しわやゆがみが生じます。
3. 日光、熱、水にさらされたり、鋭利なものを運んだり、化学溶剤と接触したりしなでください。
4. 酸化する可能性があるため、金属部分を水や塩溶液にさらさないでください。
5. 乾燥し空気の流れの良い環境でバッグを保管してください。
6. 汚れなどは綿製の布、またはブラシを利用して清掃してください。
7. 変形や金属酸化を引き起こす可能性があるため、洗濯機で洗わないでください。

◆「PGYTECH OneMo BackPack」の詳細・予約は販売プロジェクトページをご覧ください。
 
https://camp-fire.jp/projects/view/221079



【CAMPFIRE(キャンプファイヤー)について】

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。


NEWS一覧へ戻る